PR
自己肯定感

毒親に読ませる本おすすめ4選!苦しめられている方に

本 自己肯定感

親が過干渉でツラい…
毒親の支配で苦しんでることを分かってほしい…
毒親に「自分は毒親だ!」って気づかせられる本ってある?


この記事で分かること
  • 毒親に読ませるべき本おすすめ4選



今回は、自分が毒親だという自覚がない親に、「毒親かも」と気づいてもらうきっかけになる本を4冊紹介します。


「自分の親は、本を読めば変わってくれる可能性があるかも…」という方は、ぜひプレゼントしてみて反応を待ちましょう。



毒親に読ませる本おすすめ4選!

さっそく毒親に読ませたい本を紹介します。気になる本があったらぜひ読んでみてください。


毒親に読ませる本①毒になる親

「毒親」にならないために、全親に読んで欲しい1冊。


愛情を持って接していると思っていた行動が、実は虐待になっていた・・・など、自分が普通だと思っていることが普通ではないと気付ける内容です。


家庭のことは異常だと気づくタイミングがないから、本を読んで普通とはなにか?を知ってもらうことが重要!



毒親に傷つけられた心を癒やし、新しい人生を歩き出すための具体的な方法が分かります。


おすすめポイント

本が出てから30年経ちますが、今もなお読まれている毒親のための良本です。


毒親から解放されるために読むのも良し、毒親に読ませるのも良し、な内容になっています。


子どもをコントロールしている自覚がない毒親に読ませよう!



毒親に読ませる本②気づけない毒親

自身も重度のアダルトチルドレンだった著者、高橋リエによる本書。


豊富な具体例から、今からでも遅くない親子の新しい関係性の築き方を解説しています。


子どもとの関係はうまくいっているはずだったのに、なぜか距離を感じる…と思っている毒親に読ませたい内容です。


「仲良し親子」「友だち親子」と思っている毒親にすすめたい1冊です。

  • 1章 毒親ってどんな親
  • 2章 日本の子育てが、おかしくなっている
  • 3章 心配性で過干渉な親が子どもに呪いをかける
  • 4章 家族の関係をよくするために


おすすめポイント

「毒親チェックシート」があり、分かりやすく毒親かどうか?を判別しやすくなっています。


毒親にやってもらってみるのもいいかも。

毒親が自分を振り返るきっかけになれる本!



毒親に読ませる本③親といるとなぜか苦しい

親に自分がどう感じているか分かってほしい、という方におすすめの本書。

親は大切、でも自分の人生がうまくいかないのは親に理由がある方は、心の重荷を下ろせる内容になっています。


「見た目は大人、中身は子どもの親」を4タイプに分け、親との関係を冷静に見ながら答えを見つけていきましょう。

見た目は大人、中身は子どもの親の4タイプ
  • 感情的な親……機嫌を損ねないかと周囲はビクビク
  • 熱心すぎる親……子どもの気持ちを無視した「完璧主義」
  • 受け身な親……見て見ぬふりで役に立たない
  • 拒む親……冷たく無関心。なぜ子どもを持ったのか謎


おすすめポイント

子ども時代の環境により、「恋愛がうまくできない」「やりたいことが見つからない」など人生に影響している人におすすめ。


毒親に読ませて、毒親からの呪いを解きたい方は贈ってみましょう。

全世界で読まれているベストセラー本!



毒親に読ませる本④不幸にする親 人生を奪われる子供

親が喜び、親を守り、親のためになるように子供を支配する毒親に読ませたい本書。


親に対して罪悪感を持つように育てられた方は、読むと心を解きほぐして自分を許していける1歩になる、そんな内容になっています。


以下のような毒親を持つ方におすすめです。

  • 過干渉
  • 生活のすべてを指図する
  • 言うことがコロコロ変わる
  • 完璧でないと許さない
  • 子供を傷つけて楽しむ


おすすめポイント

不幸な子供時代を送った方が、親の支配を断つのに役立つ1冊。


「こんなんでも親だから」「親を捨てるのは…」と罪悪感を持っている方が、自分が親との関係をどうしたいかを知るのにもおすすめです。

「支配を断つ方法」から「親を許すべきか、接触を断つべきか」まで、あなたがこれまで出せなかった「答え」へと導く本!



毒親に読ませる本おすすめ4選まとめ

毒親は「子どものため」という名目で子どもを支配下におきますが、過干渉が過ぎて子どもの人生に大きな影を落とすのが毒親です。



毒親に本を渡して読んでもらっても、毒親が「自分のことかも」と思うケースは稀でしょう。過去にしたことは忘れていて自分のことだとは思わない、それが毒親です。


私の母親も毒親ですが、自分が子どもに悪影響を与えたなんて微塵も思っていないはず。「普通の子育てをした」くらいの感覚です。


しかしそれでも自分の気持ちを知ってほしい人、この本を最後に絶縁するか考えたい人、など覚悟を決めている方は渡してみてはどうでしょうか。

親に自分で伝えられない、言い負かせられそう、という方も、本を渡して読んでもらえば気も楽ですよね。

厳選!まずはこの1冊から

もし迷ったら「毒になる親」から読んでみるのをおすすめします。



長年読まれている本で、口コミ評価も高いのが特徴。


今回紹介した本は、毒親に育てられたあなたの心を癒すのにもかなり役立つ本ばかり。


毒親の支配を逃れて本当に幸せになりたい方におすすめです。

毒親育ちは自己肯定感が低い人が多い

私もそうですが、毒親のもとで育つと親にすら自分を認めてもらえないため、自己肯定感が低く育つことがほとんどです。


残念ながら、自己肯定感が低いと自分を愛することができず、人生がうまくいかない原因になります。


「自分もそうだな」と思う方は、自己肯定感を高めて自分を許せるようになることがとっても重要。


以下も参考にして、今から親のためではない、自分の人生を生きましょう。

関連記事>自己肯定感を高める!おすすめ本13選【実践済み】
関連記事>ネガティブ思考を直す!おすすめ本10選
関連記事>自己肯定感が低いと恋愛がうまくいかない理由【ダメ恋愛・依存体質から脱却】
関連記事>自己肯定感が高まる!映画おすすめ16本|U-NEXT・Amazonプライムで見る

タイトルとURLをコピーしました