元彼と復縁して結婚するのはやめておけ!うまくいかない理由とは

夫婦 恋愛

一度別れた相手とよりを戻したい、と思ったことはありますか?

別れてから、失ったものの大切さに気がつくこともありますよね。

そんなときに元彼から連絡があったら・・・。


でも復縁して、また結ばれたからこの人が運命の相手だと思い、簡単に結婚するのはおすすめしません。

それはなぜか?


復縁結婚がおすすめ出来ない理由を確認してみましょう。

復縁から結婚するカップルは多いのか?

株式会社ウエディングパークが男女164名(20代~50代の女性138名、男性26名)を対象に「元カレ・元カノとの復縁に関する実態調査」を行ったところ、一度別れた相手と「復縁したいと思ったことがある」と回答した人は、7割以上もいたとのこと。

また、既婚者を対象に「復縁したいと思った、もしくは復縁した相手とのその後の関係は?」という質問をしたところ、「元カレ・元カノと結婚した」と回答した人は21.3%にものぼり、約2割のカップルが「復縁婚」だったそう。

調査内容

引用:元カレ⁄カノとの復縁に関する実態調査 https://www.weddingpark.net/girlsstylelabo/research/2013/03.html



こうしてみると、復縁からの結婚は意外と多いことが分かります。


一度別れた相手と復縁するからには、かなり強い思い入れがあるため、結婚に結びつきやすいのかもしれません。

一度別れた相手と結婚を考えるきっかけ

元彼とは、何か嫌なことがあって別れたはず。

しかし再度やり直して結婚したい、と思うきっかけは何なのでしょうか?

やっぱり居心地がいい

カップル

一度は別れて、別の人と付き合ってみたけれど、元彼の方が一緒にいて楽しかった場合に、「やはりずっと一緒にいるべきなのは、あの人だったのでは」と恋しくなることがあります。

長い付き合いであればあるほど、冷却期間を経て復縁したときには、一緒にいることに安心感を感じ、より居心地よく感じるでしょう。

その居心地の良さが、結婚を意識させることに繋がるようです。

自分のことをわかってくれている

新しい出会いでは、まず初めに相手に自分のことを知ってもらうことから始めなければいけません。

しかし復縁カップルの場合、以前の付き合いでその段階をクリアしており、言葉にしなくてもお互いをわかっている部分が多くなります。

結婚とは安定的に生活を送ること。

深くお互いを知っていることは安定感を感じさせるため、復縁カップルは結婚しやすいと言えます。

復縁したときから結婚を視野に入れている

結婚

一度別れた相手と復縁する、ということは、同じ別れという過ちを繰り返さない覚悟をともないます。

復縁する年齢にもよりますが、30代になると、復縁したときに結婚を考えているカップルは多いでしょう。

ちなみに、男性側から復縁を望んだ場合、結婚に至るケースが多いそう。

反対に女性側から復縁を望んだ場合は、短期間の付き合いになる場合も。

復縁結婚がうまくいかない理由

せっかく復縁し結婚したのにも関わらず、その後離婚してしまうカップルもいます。

「一度別れたからもう別れたくない!」と思っているのに、どうしてうまくいかなくなってしまったのか?

それには根深い理由があるようです。

人は簡単に変わらないから

喧嘩

性格の不一致など、相手と合わない部分がある場合、最初は愛情や優しさから相手に合わせていても、結婚生活を続けるうちに合わせられなくなってきます

性格や生活習慣など、変えようと思ってもなかなか難しいこともありますよね。

復縁前と同じ場面でケンカすることが増えたりすると、「やっぱりこの人は変わっていない」と失望してしまうことも。


いくら結婚した人でも、相手を自分の望むように変えることは不可能だと思っていた方がいいです。

相手のために自分が変わる覚悟が必要かもしれません。

同じことの繰り返しになるから

1度目の別れの原因をきちんと解決しないままだと、復縁結婚後も同じことを繰り返すパターンが多いです。

「この人とはいつも同じ理由でケンカになる」という人は危ないかも。


復縁して結婚したからといって、問題が解決したわけではありません。


気になる部分は復縁するときに改善しておかないと、離婚の原因となります。

信頼を取り戻すのは難しいから

喧嘩

別れた理由が、浮気や裏切りだった場合、一度失った信頼を完全に取り戻すのはほぼ無理でしょう。

許したつもりでも、頭のどこかで「また浮気するのではないか」とか「また裏切られるかも」と不安に思っている関係は、健全ではありません。

連絡が取れないだけで疑ってしまったり、疑心暗鬼になっている結婚ほどつらいものはありません。


信頼関係は、人間関係のベースとなるものです。


信頼を取り戻すために努力を重ねないと、結婚生活を継続していくのは難しいでしょう。

愛情ではなく執着心

人の愛情は4年で冷める、と研究でもわかっているように、いつかは愛情が冷める日も来るでしょう。

その愛情が家族愛に変わったりして家庭は続いていきますが、もし冷めたままだったら?

「せっかく復縁してまで結婚したのに、離婚するなんて格好わるい・・・」
「復縁結婚までしたんだから運命の相手のはずだ」

など、純粋な相手への愛情ではなく、夫婦という関係への執着心や義務感から、結婚生活を続けていこうとするのは、不幸のもとです。

「復縁」したことにこだわりすぎると、自分の気持ちを曲げてしまったり、押し殺してしまったりする原因となります。

それでも復縁して結婚したいなら

一度別れた相手との関係を修復するのは、お互いに努力が必要になります。

結婚は相手が好きだから、という理由だけでうまくいくかというと、そうではありません。

しかしそれでも元彼が好きで、「この人と復縁して結婚したい」と思う方は、最低でも以下の点を確認してから行動するようにしましょう。


前回別れた原因をはっきりさせる

eye

その元彼と前回別れた原因は何だったでしょうか?

何か相手に、もしくはお互いに不満があって、付き合うことをやめたはず。

その原因に目をつむっていては、また同じ原因で別れがやってくるのは時間の問題です。

原因を分析することは女性は苦手と言われますが、結婚前に問題点を見つめ直すことで、この人と本当に結婚していいのか?という判断材料になります。


復縁するときは、元彼が前より成長しているだろう、原因だった部分は直っているはずだ、と希望をもつものです。


しかし人はそう簡単には変わりません。


復縁したことで、元彼も「もう一度付き合ったんだし、以前の原因だったところは許してもらえた」ものと思っているかもしれません。


原因だった部分を「許して受け入れた」のではなく、原因が「直ったと思っているから復縁した」ことははっきりと伝えておきましょう。


ちゃんと原因となった部分は直っているか確認し、その上で結婚するかどうか考えるようにしましょう。

なぜ今になって復縁を申し込んできたのかを確認する

悲しい女性

元彼があなたに復縁をせまってきた場合、なぜ今になって復縁したいと言ってきたのか?を確認しておきましょう。


失ってみて、はじめて存在の大きさに気がつくことはたくさんあります。


でももしかしたら、あなたと会わなかった期間、恋人もいなくて寂しかったから、や出会いがなかったから、あなたのことを思い出して復縁したいと言ってきたのかもしれません。


男性は、一度付き合った相手は一生自分に気がある、と思っているもの。

今はSNSやスマホで別れた相手ともずっと繋がっていることも多いはず。

今も連絡先を知っている元彼からのアプローチは、簡単に来てしまいます。


もし元彼が今度は長続きさせたいと思って、復縁を申し込んできている場合はいいですが、ただ謝るだけで反省の色が見えない場合は、考え直した方がいいでしょう。


前回別れたあと、あなたへの思いがどう変わったのか?や、今度の付き合いについての考え方などは確認しておいた方がいいです。


慎重に関係を見直すことで、相手の自分に対する真剣度がわかりますし、お互いに真剣であれば復縁してもうまくいきますよね。

まとめ

一度別れた相手とは、「元彼と合わない部分がある」ということがはっきりしています。

元彼との復縁結婚は、そこを乗り越えることができるか?がカギとなります。

しかし新しい出会いよりも、努力のしどころがわかっている、という点では、復縁結婚の方が頑張りがいがある、とも言えるかもしれません。

元彼との再開を運命と感じるならば、努力は必須のようです。


もし元彼が復縁後も以前と変わらないようであれば、別れは惜しまないこと!

復縁は、より相手を冷静な目で判断するようにしましょう。


人気記事離婚後の仕事探し【ママや主婦におすすめの求人サイト12選+職業別】

人気記事副業在宅ワークのおすすめ24個【土日や空いた時間で稼ぐ】

人気記事【2020年】自己肯定感を高める!実践済みおすすめ本13選

タイトルとURLをコピーしました