離婚前に別居するべき5つの理由【一人になって分かること】

離婚 離婚

パートナーと離婚しようか迷っている…
とりあえず別居して考えるべき?それともいっそ離婚したほうが早い?
離婚前に別居する意味ってなにがあるのか知りたい。



✔本記事の内容

  • 離婚前に別居するべき5つの理由
  • 離婚前に別居するデメリット5つ
  • 【体験談】離婚前の別居で分かったこと



「別居してから離婚するか決めたい、でも手間かかるしな…」、そう思う方もいますよね。


離婚は人生の重大局面だからこそ、納得してから離婚すべきです。


別居するとなると引越ししたり、家族や友人に説明したり、いろいろ手間やお金はかかるけど、それでも離婚したいと思ったら、実際に離婚する前に別居するのをおすすめします。


私も別居してから離婚したひとりです。


本記事では「離婚する前に別居したほうがいい?」と悩んでいるあなたに、別居したほうがいい理由を5つお話しします。


離婚前に別居するべき5つの理由

寂しい

離婚前に別居をおすすめする理由は以下の5つです。

  • ①離婚する意思をパートナーに強く伝えられる
  • ②離婚後の生活をイメージできる
  • ③冷静に考える時間が持てる
  • ④本当に離婚していいのか覚悟ができる
  • ⑤離婚を踏みとどまることができる


①離婚する意思をパートナーに強く伝えられる

夫婦おたがいが同時に離婚したい、と決意することはまれですよね。

かならずズレがあって、どちらかが我慢の限界をむかえて離婚を言いだすと思います。


そのときパートナーに離婚を受け入れてもらえないケースのときには別居が有効です。

  • 「バカなこと言うな」と逆に叱られる
  • はいはい、と流される
  • 子供のために我慢しろといわれる
  • 笑い飛ばされて真剣に取りあってもらえない・・・



世間体を気にするパートナーは、まともに取り合うと離婚がすすんでしまうので話を聞いてくれないこともありますし、「時間が経てばおさまるだろう」と高をくくっている場合もあります。


そんなときには別居を提案することで、「離婚する意思は固い」ことをパートナーに伝えられます。


  • 離婚はパートナーの同意がなければできないですが、別居なら自分の意志でできます。



ただしむやみに理由も告げずに家を飛び出して別居してしまうと、「悪意の遺棄」や「同居義務の違反」にあたり、パートナーから慰謝料請求されたりするおそれがあるので注意しましょう。


なおパートナーが不貞行為をしていたり、DV、家庭を顧みないなど、別居するのに相当な理由がある場合は、証拠をとればそのまま別居しても問題ありません。


証拠がないと不利になる可能性があるので、その場合は弁護士に相談した方が安心です。


経済的に苦しいという方は、法テラスは無料で法律相談が受けられるので利用してみてください。
詳しくは下記記事でまとめています。

関連記事>>失敗しない離婚に強い弁護士を選ぶ方法【日本法規情報の評判と口コミ】


②離婚後の生活をイメージできる

離婚するのはだれしも不安があるものですよね。


離婚する前に別居することで、離婚後の生活を具体的に体感できてイメージすることができます。


  • パートナーがいなくて困ること
  • パートナーがいなくても大丈夫なこと



実際に別居してみれば、パートナーが完全にいないことでどんなメリット・デメリットがあるのか分かりますよね。


私は結婚していたときパート勤めで、別居と同時期くらいに正社員として働き始めたので、自分の給料で一人暮らしするとどんな生活ができるのかイメージできたのがよかったです。
「カツカツだけどこのまま離婚してもやっていけるな」と確認できました。


なお別居しても離婚していない間は、夫婦には「扶養義務」があるため生活費は保障されます。


別居中の生活費の相場については下記記事でまとめていますので、参考にしてみてください。

関連記事>>家庭内別居中の生活費はいくらもらえるのが相場?


③冷静に考える時間が持てる

一緒に暮らしていたときには怒りやストレスで見えなかった、パートナーのいいところが見えてくるかもしれません。


また「やっぱりパートナーのこういうところが合わなかった」と再確認することもあると思います。


夫婦関係がこじれると近くにいることで分からなくなることも多いはず。


別居して物理的に距離をおくことで、パートナーと自分との関係や、これからどうしていきたいのかなど、将来についてを冷静に見極める時間がとれます。


④本当に離婚していいのか覚悟ができる

別居してパートナーから自立することで、本当に離婚して後悔しないのか?を考えることができます。

  • 本当に離婚してパートナーと他人になってもいいのか?
  • 本当に離婚して自立できるのか?
  • 本当に離婚して子供をひとりで育てていけるのか?



別居して疑似離婚を体験すれば、もし勢いにまかせて「離婚だ!」と口走ったとしても「本当に離婚して後悔しない?」と自分自身に問いかける時間があります。


実際ひとりになってみて後悔するパターンも多いですよ、とくに男性に。


「男性は離婚して白髪になる、女性は離婚して茶髪になる」と書いてあった本もあります。

関連記事>>夫婦関係の問題を解決するおすすめ本ランキング10冊!【仲良し夫婦になろう】


  • 私は元夫と離婚したくて離婚前提で別居しましたが、ひとりになったとき、自分自身を振り返って反省することもありました。




モラハラ夫でしたが、やはり頼っていた部分もあったので心細さもありました。


でも別居して離れてみることで「やっぱり離婚する方が幸せで正しい」と確信することができたし、ひとりで生きていくことに覚悟が持てました。


離れてしまえば離婚は紙切れ一枚ですむような、自分の人生に何の保証もないものですが、別居というワンクッションをおくことで、心構えの時間が持てたのは精神的によかったなと思っています。


⑤離婚を踏みとどまることができる

もし別居してみて後悔した場合は、離婚を踏みとどまることもできます。


「離婚も別居も気持ちがないなら同じでしょ」と思うかもしれませんが、やはり正式に離婚しなければ挽回することはできますので、大きな違いがありますよね。


ただし別居すると離婚率は高くなると言われています。別居後、1年以内に離婚してしまう夫婦は70%ほどになるそう。

  • 別居することで気持ちに踏ん切りがつく
  • 後戻りできない気持ちになる
  • 環境が新しくなることで変化に前向きになる



自分が別居を言い出した側でも、実際に別居したあとパートナーが「離婚したほうが良い」と考えを変えるケースもあります。いくら離婚ではない別居でも、その覚悟は必要です。


離婚前に別居するデメリット5つ

部屋

離婚していないとはいえ、夫婦の同居義務をやぶり別居するわけなので、もちろんデメリットはあります。

  • ①離婚する可能性が上がる
  • ②パートナーが浮気するかもしれない
  • ③証拠集めがむずかしくなる
  • ④お金と手間がかかる
  • ⑤パートナーから慰謝料請求される場合がある


①離婚する可能性が上がる

別居は夫婦が離婚する理由に該当します。


繰り返しになりますが、別居後、1年以内に離婚してしまう夫婦は70%ほどになるという調査もあり、別居してそのまま離婚する流れが多いです。


もしあなたが離婚をしたくない側だとして、離婚を拒否し続けていた場合、別居期間が長くなればなるほど、離婚裁判や調停をおこされたときに離婚が成立する可能性は高くなります。


離婚をするか迷っていて、とりあえず別居を選ぶのはリスクがある、というのは頭に入れておくべき。


②パートナーが浮気するかもしれない

別居してひとりになったパートナーが、さみしさや解放感から浮気するケースもあります。
離婚への絶望感からやけになることも。


ひとりになるということは、おたがい今までの生活を見直す機会になるということです。


「まだ結婚しているのに浮気するのは違法でしょ」と思う方もいると思いますが、別居はすでに夫婦関係が破綻していると判断される可能性が高いです。

✔慰謝料はとれないかも

なので慰謝料を請求してもとれない可能性が高いです。

家庭内別居の方が慰謝料がとれる可能性はあります。


そのへんは下記記事でまとめていますので、よかったらあわせて参考にしてみてください。

関連記事>>家庭内別居中の浮気や不貞行為、慰謝料はとれる?


③証拠集めがむずかしくなる

浮気、ギャンブル、借金、モラハラなどの理由で離婚したい場合、証拠があれば有利に離婚することができます。


しかし別居して住まいを分けてしまうと、その証拠を集めることが難しくなる場合もあります。


離婚するための証拠集めは、別居前にしておくことをおすすめします。

関連記事>>家庭内別居中の不貞行為で慰謝料請求するには証拠が必要?


④お金と手間がかかる

別居するには引越し、住民票の移動など、お金と手間がかかります。


家具家電などの生活必需品も買うと、合計50万以上はかかります。


離婚を視野に入れての別居なら遅かれ早かれやることですが、勢いで別居するにはちょっと手間がかかりすぎて面倒かもしれません。


⑤パートナーから慰謝料請求される場合がある

「性格が合わない」などの理由で別居すると、夫婦の同居義務違反にあたるため、パートナーから慰謝料請求される場合があります。


別居する際はパートナ-の同意を得てからにしましょう。


ただしDVやモラハラを受けている、浮気している、生活費をもらえないなど一緒に生活することが難しい場合は同居義務違反にはあたりません。


とくにDV暴力を受けている場合は、命の危険があるのですみやかに別居するのをおすすめします。

関連記事>>【2020年】DVやモラハラで悩んでいる方へおすすめ本10選


【体験談】離婚前の別居で分かったこと

独身

私は元夫と3年の結婚生活をへて、別居し、3ヶ月後に離婚しました。

離婚前提での別居でしたが、それでも離婚する前に別居してよかったなと思っています。

実際の離婚の準備期間になる

離婚すると、特に女性はいろいろな手続きに追われます。


名字の変更手続き、結婚したときよりも面倒に感じます。「なんであっちはそのままで、私だけこんなたくさん手続きするはめに…」とか。


手続きに期限があることも多いし、離婚して働くと時間もそんなにとれません。


はじめての離婚だと調べながらの作業になる方も多いと思いますし、別居しているときに調べておけるので、離婚の準備期間になります。


精神的に安定する

別居して一緒にいるのが苦痛だったパートナーと離れたことで、精神的に安定しました。


私の元夫はモラハラ夫で、一緒に生活していたときはストレスで自律神経失調症になったりいろんな病気にかかり、毎週寝込む毎日でした。


でも別居してから体調が悪くなることもなくなり、夫の帰りをビクビクして待たなくてよくなったおかげで、「毎日にストレスがないだけで生きているのがものすごく幸せを感じるな」と思えるようになりました。


関連記事>>夫から受けたモラハラ無視はDVだった?【無視に悩む妻たちへ】



心の整理がつく

パートナーがモラハラ夫でも、離婚するのは寂しかったし後悔もしました。

  • 一緒に生活していたときは、精神的な疲労で正常な判断ができなくて、「もしかしたら私のせいでモラハラ夫になってしまったのかも」「私が我慢すれば変わるかもしれない」など、結婚生活を維持する方がいいだろうと思い込もうとしていました。



別居期間を設けることで、「どちらかが虐げられる結婚生活は異常」「離婚するのがおたがい良い道」だと、きちんとした頭で心の整理ができました。


一人で生きていく覚悟

私は実家に戻らずに一人暮らしを始めましたが、「私は離婚して一人で生きていく」という覚悟が決まったのは別居期間のときです。


これまで一人暮らしをしたことがなかったので、別居するまでは「本当に一人で生きていけるのか」という不安がありましたが、行動すれば覚悟は決まります。


関連記事>>離婚して一人暮らし・引越しするときに便利なサービスまとめ

関連記事>>離婚したらまずは一人暮らしのススメ!バツイチを楽しく生きよう!


一人になって分かることは多い

実際に一人になって自立してみると、生活していくための手続きをしていく過程で、一人で生きていくことの大変さも知りますが、「人に助けられて生きてるんだな」ということも分かります。


私は別居して元夫にあらためて感謝した部分もありました。そのまま離婚しましたけど。


✔精神的な安定が一番大事

離婚は想像以上にハードです。

手続き自体は事務的にすすめていけますが、心はそうもいかないですよね。


離婚前に別居する意味は、精神的に落ち着いてから離婚できることが一番の理由です。


仕事をしていない方はその期間に見つけることもできるし、準備期間として別居するとその後の生活がスムーズにいくので、私は離婚前に別居してよかったと思っています。


「離婚して後悔しないかな?」と少しでも思っている方は、いきなり離婚するよりもまず別居してみた方がいいと思います。


人気記事離婚後の仕事探し【ママや主婦におすすめの求人サイト12選+職業別】

人気記事副業在宅ワークのおすすめ24個【土日や空いた時間で稼ぐ】

人気記事【2020年】自己肯定感を高める!実践済みおすすめ本13選

タイトルとURLをコピーしました